短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > スタッフブログ > Ryu > 私が試してきたリスニング学習法  〜「精聴」と「多聴」〜

私が試してきたリスニング学習法  〜「精聴」と「多聴」〜

こんにちは。スタッフのNaomiです。

学生の頃は好きでやっていたことですが今になってそのことがリスニング力アップに役立ったことがあります。

それは好きな俳優が出ているアメリカのドラマを見ることです。好きなビデオをレンタルして1週間それを繰り返し繰り返し見ていました。大好きな俳優が話すセリフを全部理解したい、という気持ちから日本語の字幕を見て英語で何を言っているのかを聴き取りたい!聴き取ろう!という思いで見ていました。

(当時は英語の字幕はありませんでした。)

これが良く言う英語の「精聴」だったと思います。

精聴はリスニングには欠かせないトレーニングです。何度も聴かなければいけないので大変ですが、私は好きなドラマを見ていたので楽しんでできたことが幸いでした。今ではドラマも映画もスクリプトが手に入るものがたくさんありますでもっと効果的に学習できます。

精聴なしにはリスニングの向上は難しいので、好きで興味がある教材で精聴することをお勧めします。もしスピードが変換できるときは1.2倍や1.5倍などの速度にして聞いてみることもお勧めします。これで速い英語を聴くのに「慣れます」と言うより強制的に「慣らせます」。この方法も私のリスニング力アップに役立ちました。

多聴もやっていました。今もやっていますが時間のあるときはドラマをたくさん見たりニュースを流しっぱなしにしています。英語の勉強には終わりがない、と良く言われます。だからこそ楽しく少しずつでも継続することが大切だと思っています。英語の勉強に少し疲れてしまったり、立ち止まってしまった人も是非あきらめず続けてくださいね。私は「継続は力なり」を信じています。

2018-10-22T15:38:41+00:00

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください