短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > スタッフブログ > HyperEnglish > 「次の人に交代」って英語でなんて言うの?【クラスルームでの先生の英語8/11】

「次の人に交代」って英語でなんて言うの?【クラスルームでの先生の英語8/11】

小学校・中学校の先生たちのための、クラスで使う必須英語フレーズ。英語でのクラス運営が不安な先生必見です。クラスルームでの英語が怖くなくなる、プロが厳選した11文を1文1文記事と練習動画で発音も含めて紹介していきます。

“Alright, now let’s switch roles!”

今日のトピックは、「よし、交替しましょう!」というフレーズです。

「交替」switch rolesで表現できます。

Alright「よしっ」と区切りをつけるタイミングで発する言葉で、そのまま、now(このタイミング)をつけて、Alright, now let’s switch roles!と一気にまるっと覚えてしましょう。

Let’s Hyper Now!

今日のフレーズ | HE#022【クラスルーム英語 8/11】

Alright, now let’s switch roles!
抄訳:よし、交替しましょう!

f-f_business_12-s512_f_business_12_0bg
Hyper Englishの最新動画をお知らせ致します。

本シリーズは「クラスルームでの先生の英語」です。小学校や中学校のクラスルームで先生が使いたい重要11個の文章を動画とともに紹介していきます。
ネイティブ講師もいるなかでの英語の指導、なかなか大変なところがあるかもしれません。そんなクラスルームでの英語で一番大切なことは自信です。自信を得るために手っ取り早い方法は、「よく使うフレーズ」は丸暗記してしまうことです。ただ、頭で覚えるのでは足りません。口をついて出てくるよう掛け算九九のように「口」で覚えることが大切です。

2018-10-22T15:34:00+00:00

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください